読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビアズリーと日本

f:id:muyuge119:20160817145557j:plain

石川県立美術館でビアズリーの企画展をやっているというので

先日見てきました。

ビアズリーを知ったのは大学生の頃、

オスカー・ワイルドの『サロメ』の挿絵でした。

妖しい美しさ、デフォルメの妙、繊細さ、奇抜さ、

世紀末美術の危うさ・・・

25歳の若さで逝った天才画家であるということ、

一瞬にして魅了されました。

 

この展覧会はビアズリーに影響を受けた画家、

あるいは何らかの形でビアズリーの系譜にある作品群を

紹介するものでした。

 

挿絵が多いので仕方ないですが、

すべての作品が小さいのがちょっと難点。

この大きさはガラスの向こうではなく、手にとって見たいです~!

 

 

美術館に隣接する広坂別館がリニューアルされました!

大正11年に建てられた陸軍師団長官舎です。

文化財保存修復工房が移転しこちらに併設されました。

f:id:muyuge119:20160817164819j:plain

 

 

今年10月、第1回「写仏とマンダラ」合同作品展 in 金沢を開催します!!

会場は市民芸術村の「里山の家」を予約しましたが、

こちらの多目的室もこじんまりといいかも~!です。

f:id:muyuge119:20160817164706j:plain

 

 

暑い暑い日が続き、

その上オリンピックで寝不足、体力消耗の今日この頃ですが…^_^;

先日の空をみると、秋は少しづずつ近づいているようです~

 

夏と秋がコラボする空 ♪

f:id:muyuge119:20160817133658j:plain

 

  残暑お見舞い申し上げます(^o^)丿

 

 

 

岩佐又兵衛

ブログにあげようと思ってから早一週間…(>_<)

なんてめまぐるしく時は流れていくのでしょう。。。

 

行ってきました。

福井県立美術館の『岩佐又兵衛展』

この夏、謎の天才絵師、福井に帰る・・・お待ちかねの展覧会です。

f:id:muyuge119:20160807152643j:plain

 

 

わたしが行った日は、

「豊国祭礼図屏風(重文)」と「洛中洛外図屏風(国宝)」の

大作二点が揃う貴重な二日間だったせいもあるのでしょうが、

大変な賑わいでした。

 

素晴らしい画力、描写力です。

気が遠くなる緻密さです。

どうしたら金泥であんなに細い線を描けるの~?

どんな筆を使ってるの~?

この集中力、根気、、、並大抵じゃありません。

上記2点はもちろんのこと、絵巻にも圧倒されました。

 

もう、ため息しかでません。。。

 

人垣のなかから、

桃山のゆるキャラ「たけのこ男」もしかと確認しました!

f:id:muyuge119:20160814004116j:plain

 

父の荒木村重、当時の戦国武将にしては

ちょっと理解に苦しむ生き方をしていますが、、、

その子又兵衛も相当変わった人間だったかもしれません。

 

尋常ならざる「気」に完全ノックアウトでした。。。

 

 

 

Nepal week ♪♪

f:id:muyuge119:20160730145649j:plain

とやま世界こども舞台芸術祭2016(PAT)は

7月30日(土)に開幕、8月4日(木)に閉幕しました。

楽しかったです!!

ボランティア通訳としてネパールチームをサポートしました。

この芸術祭は4年に一度の開催で、

世界中、日本中から参加団体が集まるとても規模の大きいイベントです。

いくら大きくても、関心がなければ情報は耳に入ってきません。

PATがこんなに国際的なイベントであることを今年初めて知りました。

それもこれもネパールとの関わりが生まれたからですね~

縁の作用とは、実に不思議なものです。。。

 

ネパール国立舞踊劇団ナーツガル(Rastriya Naachghar)の皆さんです。

f:id:muyuge119:20160808225117j:plain

真中にいらっしゃるのが団長のタパさん、

その向かって右側は、ラジェンドラさん、

富山ネパール文化交流協会のネパール支部をお任せしています。

今回はコーディネーターとして来県されました。

その右側と手前の男性が、ダンサーのゴランさんとケサブさん。

手前のおじさん二人は、

ネパール伝統楽器の権威、クリシュナさんとガドゥガさん。

美しい女性ダンサーは、

左からサブナムさん、スーリヤさん、スシ―ラさん、アンジュさん…

名前がようやくすんなり言えるようになった頃にはお別れでした。

緑ポロシャツは我ら通訳ボランティアです~(^o^)丿

 

これはANAホテルでのウエルカムパーティーの様子。

すごい人数です!! 

はっきりとは分からないですが、

スタッフ、ボランティア含めて500人を超す大パーティーでした。

大いに盛り上がりました。

f:id:muyuge119:20160730201322j:plain

 

3日目の高岡文化ホール本公演の日、

ステージ衣装に着替え、出番待ちをしている時の1枚です。

f:id:muyuge119:20160808225210j:plain

出番前で緊張しませんか?

と聞いたら「ぜーんぜん!」との返事。

さすがプロというか、場数が違うのでしょうね~

どんな状況にも対応できるという自信、、、

それを裏付ける練習量、、、

本番は、実に堂々と躍動感にあふれる素晴らしいステージでした。

 

日を追うごとに

彼らがとても気さくでフレンドリーな人たちだとわかります。

いつも笑顔を絶やさず、チームワークは抜群です。

この日はリハーサルで、狭い控室に押し込められましたが、

そこでも彼らは歌ったり、踊ったり、大騒ぎ~(^o^)丿

本当に楽しいメンバーでした。

f:id:muyuge119:20160808225220j:plain

 

PAT参加団体は通常は2つの本公演、それに伴うリハーサル、

ウエルカムパーティー、交流パーティー、フェアウエルパーティー

高岡でのエクスカーション、

以上が6日間に組み込まれたスケジュールです。

これ以外の空き時間は他団体の公演を鑑賞したり、

任意にワークショップに参加します。

比較的ゆったりとしたスケジュールなのですが、

ネパールチームは上記に加え、

4つの自主公演と一日観光も入れたので

相当な過密スケジュールとなっていました。

詳しい内容はこちら ⇓

富山へようこそ~!! – 富山ネパール文化交流協会

 

忙しいスケジュールを嫌な顔ひとつせず、

むしろ楽しげに(そう見えました)こなしていただき感謝です。

 

自主公演のひとつ、葉っぴーカフェtuttiの2階です。

素晴らしいダンス、伝統楽器の演奏のあと

皆さんで歌ってくださいました。

ダルマさんが故郷を思い出して感極まるシーンもありました・・・

そのあとはナーツガルの皆さんのリードで

老いも若きも、男も女も、

ネパール人も日本人も、エンドレスで踊りまくるという大騒ぎ!

会場がひとつになり本当に楽しかったです~!!(*^。^*)

f:id:muyuge119:20160808225305j:plain

 

2次会です~(笑)

f:id:muyuge119:20160803214602j:plain

 

全員とフェイスブック友達になりました。

SNSの功罪、いろいろ言われたりもしますが、

こういう時はやはりとても便利ですね~

FBを通してちょっとしたやり取りができたり、

写真を共有したり、、、

電話や手紙、メールでさえも億劫になりますが、FBなら簡単です。

Keep in touch 、それも no problemですね!

 

本当に素晴らしい舞踊団、メンバーでした。

こんな機会をいただけてほんとうに幸せでした~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

とやま世界こども舞台芸術祭2016

f:id:muyuge119:20160729224825j:plain

いよいよ明日開幕です~(^o^)丿

ネパールの舞踊団も無事日本に到着、

今頃は富山へ向かうバスの中です。

 

明日から8月4日までの6日間、

ワクワクのドキドキです~

 

成り行きでボランティア通訳を引き受けてしまいました。

先日説明会に行ったら、分厚い業務必携を渡され、

くらくらしました…(笑)

仕事もありますので毎日は参加できませんが、

できる範囲で、楽しみながら頑張ります~!

 

しかしわたしの英語、、、

メンテナンス全然してないから相当錆びついておる~(>_<)

お役に立てるだろうか・・・^_^;

f:id:muyuge119:20160729192413j:plain

月下美人を・・・食す!

昨日の昼過ぎ、

知人のAさん宅の月下美人が開花しそう~との連絡が入りました。

⇓  つぼみはこんな状態。

f:id:muyuge119:20160721210711j:plain

9時頃見に行きました(^o^)丿

f:id:muyuge119:20160721210727j:plain

何とも言えない芳香が漂っています。

直径15cmもあろうかという大輪です。

f:id:muyuge119:20160720211250j:plain

 

月下美人といえば・・・

幼いころの記憶が蘇ります。。。

 

当時わたしの家のすぐ近くに、県の園芸試験場がありました。

ある日、帰宅した父が興奮した様子で言うのです。

「今夜、試験場の月下美人が咲くらしいぞ!

  一晩しか咲かん珍しい花や~!!

   めったに見られるもんでないぞ!!!」

父が大騒ぎするので、夜遅く家族全員で見に行きました。

 

その真っ白の大輪の花は甘い香りを放ち、

麗しい名前の通り、神秘的な風情で気高く神々しく、

集まった人々に特別な存在であることを誇示しているようでした。

こんなに美しい花を見たのは初めてでした。

この夜の月下美人は、

小学生のわたしに強烈な印象を残しました。

 

今でこそ知る人も多いですが、当時は本当に珍しかったのです。

ポピュラーになったとは言え、たった一晩しか咲かない花です。

やはりなかなか見るチャンスはなく、

現にそれ以来一度も実物を見ることもなく、

どんな香りだったかもまったく思いだせなくなりました。。。

 

昨夜、約50年ぶりの邂逅を果たし、香りも思いだし、

もう幸せ~!!  Aさん、ありがとう~!!(^o^)丿

 

 

見れただけでも幸せなのに、

なんと!

なんとっ!!!

 

食べることができるというのです(*^。^*)

えーっ!!

 

いや~まさかあの月下美人を食べる日がくるとは!!!

 

翌日、しぼんだ月下美人を収穫

f:id:muyuge119:20160721210752j:plain

 

Aさんは、実はカフェtuttiのオーナーさんです。

年に1度のレアなチャンス!

月下美人を食材にランチメニューを出して下さるのです。

f:id:muyuge119:20160721130327j:plain

もちろん行ってきました~(*^。^*)

 

じゃあああん!!

f:id:muyuge119:20160721123026j:plain

手前にあるのが月下美人の天ぷらです。

緑色をしているのは、

天ぷら粉に小松菜のペーストを混ぜているからかな~多分

月下美人の花びらは、それ自体に特別な味があるわけではなく

苦みやクセがないので単に食べやすいということですね・・・

でもわたしにとっては、

あの美しい花を食す、というだけで至福のとき~!!(笑)

 

その他のお料理も手の込んだ珍しいものばかりでとても刺激的!

Aさんの探究心の賜物のようなランチセットでした。

大大大満足でした~♡  ごちそうさまでした!

 

そうそう、

⇓ これ、なんだと思います?

f:id:muyuge119:20160721123855j:plain

どう見てもホウズキですよね。

 

でも、ホウズキはホウズキでも食用ホウズキなのです。

食べる前は苦手なトマトの味をイメージしてたのですが、

違いました! フルーティでむしろ葡萄に近いかも~

畑も見てきました。わっさーっ!となってました(*^。^*)

f:id:muyuge119:20160721132414j:plain

 

Aさんは、実は射水市の小松菜農家さんです。

収穫前の小松菜のハウス ⇓

f:id:muyuge119:20160721132538j:plain

小松菜の魅力をもっと発信したいということで

2年前にカフェをオープンされました。

デザートにいただいた小松菜アイスもとても美味しかったです~♡

もうひとつのチャイアイス、

「ひみつカレー」さんがプロデュースした

とてもスパイシーな魅惑のテイストでしたよ~! お試しあれ~!

 

好奇心旺盛なAさん、

メニューの開発、イベントへの参加・・・

大活躍、大忙しの日々を送ってらっしゃいます。

笑顔のとっても素敵な夫唱婦随、婦唱夫随?(笑)の

素晴らしいご夫妻です。

 

カフェは毎週木曜と金曜だけオープンしていますよ~

予約された方がいいですよ~!!

 

あ、でも月下美人は来年までおあずけですのであしからず・・・

 

 

今回は、わたしがめったに書かない食レポでした~^_^;

不慣れな面は御容赦あれ~<m(__)m>(笑)

  

 

 

 

河鍋暁斎

f:id:muyuge119:20160715103643j:plain

日付変わりましたが、15日は水墨美術館へGO~

涼しい一日でお庭もゆっくり散歩できました。

 

水墨美術館では『鬼才・河鍋暁斎』を観てきました。

昨今の日本画ブーム、凄いですね~

ちょっと前の東京都美術館での若冲展の人出とかびっくりです!

ここ水墨美術館も大勢の人で賑わってました(*^。^*)

f:id:muyuge119:20160715104843j:plain

暁斎って、ぎょうさいと呼んでましたが、

実はきょうさいだったのですね~

もともと狂斎という画号だったのを文字を変えたのだそうです。

鬼才と謳われるだけあって、凄い画力に圧倒されました。

ポスターになってる『文読む美人』、

髪の毛や顔、着物の柄に観る繊細な表現の一方、

くっきりとした墨線が力強く画面を引き締めています。

「席画」と言われる即興画では、

彼のデッサン力、構成力が遺憾なく発揮されて圧巻です。

浮世絵、水墨画、錦絵・・・

美人画から風刺のきいたユーモアあふれる作品まで

実に多彩な作品が並んでいました。

中でもわたしのお気に入りは「相馬墨合戦図」

思わず声に出して笑ってしまいました~(^。^)

あと目を惹いたのは下図の数々、、、

紙がまだまだ貴重な時代です。

小さな半紙を継接ぎして大きな画面を描いています。

胡粉を塗ったり上から紙を貼って描き直しを重ねています。

苦労の跡が分かります。

暁斎の下図は3000枚も残っているそうですが、

本作品は方々に流出していて行方が分からないそうです。

60歳手前で生涯を終えた暁斎

多作で多才で、

画家として随分と濃い人生だったのでしょうね。。。

 

 

水墨美術館の来期はこちら~ ⇓ 

f:id:muyuge119:20160716010201j:plain

むふふ・・・楽しみです~!

 

 

そして、

こちらも外せませんよ~♡

f:id:muyuge119:20160716011044j:plain

 

 

 

銀梅花

先日実家に立ち寄ったら、玄関先の銀梅花が満開でした~♪

f:id:muyuge119:20160622224643j:plain

まるで雪が降ったようでしょ~

 

 

f:id:muyuge119:20160622224627j:plain

雄蕊がピンと長くのびた可憐な花です。

まあるいつぼみは真珠のよう!

 

銀梅花は阪神淡路大震災の復興を記念する花に選ばれ、

行政も手を貸し市民の間に植樹が広がりました。

 

どういう経緯だったか忘れましたが、

父の兄がたまたま銀梅花を栽培しており、

大量の注文を受けたくさんの苗木を育てました。

阪神淡路大震災の復興のシンボル、

その一端を担えた事が晩年の伯父の誇りでもありました。

 

 

実家にあった一鉢をもらってきました(^^)

さて、どこに植えようかな~

f:id:muyuge119:20160622095323j:plain