読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉涌寺さんぽ

f:id:muyuge119:20130612004022j:plain

          華やかで凛とした、戒光院の縁台のディスプレイ

 

 

 

スクーリングも無事終了、

今回はさらに京都観光お楽しみの1日もプラスですヽ(^o^)

記憶が忘却の彼方に消え失せる前に記録だけでも・・・

 

9日は友人と祇園のホテルにチェックイン、

夜の花見小路をぶらぶら歩き、夕飯をいただきました。

祇園料金はざっと300%増しですね~(>_<) 

f:id:muyuge119:20130612232345p:plain

 

 

 

10日は相当歩きましたよ~

おばさんたち、二人とも地理がイマイチなので

ホテルー京都駅ー泉涌寺道バス停

たったこの間で躓きました~^_^;

「ねえねえ、ここで降りるがー?おーとんがけ~?!」

バスの中で富山弁丸出しですちゃ~(笑)

 

 

 

即成院

こちらは平等院と親子関係にございます^^

平等院を創建したのは藤原頼通

その子橘俊綱の山荘に阿弥陀堂として移設されました。

山門の上に一羽降り立つ鳳凰は平等院の方向を向いています。

極楽浄土をあらわす阿弥陀如来と二十五菩薩は壮観でしたヽ(^o^)丿 

f:id:muyuge119:20130612232240j:plain

 

ここで耳より情報!(と思うのはわたしぐらいですかね^_^;)

即成院では毎年10月に来迎のお練り供養があるのですが、

なんと!誰でも参加できるそうです~ヽ(^o^)丿

条件は身長制限120cm~160cmであること、

お手引きの人に着物を着てもらうこと…そのぐらいです。

わたし、一度でいいから菩薩になりたい!!(笑) 

協力者、求む!!

f:id:muyuge119:20130612232429j:plain

 

 

 

戒光院

運慶・湛慶合作の丈六の釈迦如来像が立派です!(^^)!

首のところの汚れは血痕だとか・・・

身代り釈迦如来の由縁です。

f:id:muyuge119:20130612003722j:plain

 

 

 

今熊野観音寺

呆け封じ観音はちょっと笑いを誘いましたね~^_^;

f:id:muyuge119:20130612003053j:plain

 

 

 

泉涌寺

楊貴妃観音堂

f:id:muyuge119:20130612232309j:plain

麗しの観音菩薩ですね。

お髭のように見えるのは、

慈悲の言葉を語る時の唇の動きを表現してるそうです。。。

 

 

宝物館 心照殿

いやいや~、こちらの展示がなかなか充実しておりまして、

思いがけなく長居してしまいました~(*^_^*)

 

 

泉涌寺仏殿

過去仏の釈迦如来、現在仏の阿弥陀如来、未来仏の弥勒如来

三世仏が揃っておわします。

天井を飾るのは狩野探幽の蟠龍図!かっこいい!!

f:id:muyuge119:20130612014056j:plain

 

 

 

次なる目標は東福寺界隈です。

悲田院の方から目指したのですが、

……高校の裏手の誰も歩いていない狭い道を通って、

そこもそれなりに風情があっていい感じの散策路でしたが、

やっぱり軽く迷子になってしまいました^_^;

お腹はすくし、気温は上がり、歩き疲れて……

 

しっかし、休もうにもこの辺りは全くお店がないのであります……

 

おばさん二人の運命やいかに・・・    つづく