読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六字観自在菩薩

「趣味の仏画」教室 タンカ

   f:id:muyuge119:20140217223216j:plain

平成24年10月から描きはじめたマンダラ

ようやく完成です。

制作期間なんと16ヶ月!!

我ながらびっくりですが、

月に1度の教室で描いているので時間にすれば約30時間です。

たいしたことないですね( ..)φ

このマンダラを描きだしたころの記事はこちら ⇓ 

 http://muyuge119.hatenadiary.com/entry/2013/04/14/030719

これはどこで完成ということが言えない世界。

まだまだ複雑に丁寧に仕事は続けることもできますが、

きりがないので、

今は一旦ここで筆を置き、額に入れることにしました。

 

いろいろ問題点も目につくのですが、

額に入れるとそれなりに立派でしょ(笑)

 

ネパールで購入してきたカーラチャクラマンダラ(時輪マンダラ

こちらも額に納めました~ヽ(^。^)ノ 

f:id:muyuge119:20140217223152j:plain

どうです!

素敵になったでしょ~(*^^)v

 

 

さて次なる挑戦は六字観自在菩薩です ⇓

f:id:muyuge119:20140217223053j:plain

六字観自在菩薩はいわゆる観音さまのことです。

六字とはオンマニペメフームの6つの音を指します。

すなわち

「オーム」「マ」「ニ」「パ」「ドメ」「フーム」

この6つの音節はそれぞれ神格化されており

唱えるだけで功徳があると信じられています。

意味は敢えて言うなら

 オーム(真言)、マニ(宝珠)よ、パドメ(蓮華)よ

     フーム 幸いでありますように

 

ネパールでも皆オンマニペメフームを唱えていました。

http://www.youtube.com/attribution_link?a=ARdeg0U7baA&u=%2Fwatch%3Fv%3D77UCWq5DpC4%26feature%3Dshare

 

六字観自在菩薩は手が4本あります。

一対の手は合掌し、その中に宝珠を持ちます。

もう一対の右手は数珠、左手には蓮華を持ちます。

チベット仏教ではもっともポピュラーな尊格のひとりです。

 

 

マンダラを描く」の教室はヒマラヤの風に吹かれ

ゆっくりまったり時が流れています。

早く結果を出したい方にはまどろっこしいかもしれませんが、

少しづつ少しづつ・・・

なかなかいいですよ! このゆっくり感(*^。^*)

 

 

さあて、

仕上がるのは二年後ぐらいかな~(笑)