読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『真宗の美』展

あれやこれやそれや 「趣味の仏画」教室

f:id:muyuge119:20140926214233j:plain

福井県立美術館の企画展『真宗の美』です。

会期末に駆け込みでなんとか間にあいました。

ひと月前にも行ったのですが、このときは時間がなく、

館長の講演会だけ聴講して展示は見てなかったのです。

 

ここの美術館の展示はなかなか「濃い」です。

わたしのようなド素人に言われたかないでしょうが、

意欲あふれる展示に担当者の熱い心感じます。

 

 

 

以下は自分のための備忘録

 

 

【第1章親鸞聖人の生涯と信仰】

◎華御影、珍しい真向御影 京都常楽台

◎今回の新発見となる親鸞聖人坐像 永平寺町本覚寺

f:id:muyuge119:20141026193756j:plain

素晴らしい等身の坐像。

親鸞聖人というと眉がピンと跳ね上がった、

厳しい表情の孤高のイメージだが、

こちらはなんとも柔和なお顔、

すべてを受容されたような穏やかさ…

しばらく見惚れる。。。

 

 福井)14世紀前半の木造親鸞聖人座像、本覚寺で確認:朝日新聞デジタル

 

恵信尼影像 龍谷図書館蔵

静かな美しさをたたえた素晴らしいものでした。

◎髪繍(はっしゅう)六字名号 髪の毛で刺繍したもの

◎光明本尊という形式 龍谷図書館

 

【第2章:西本願寺の至宝】

◎九字名号(御影堂旧安置)

巨大な金泥文字、描表装など大迫力

◎国宝 三十六人家集

今回の展示の目玉。

東京国立博物館でも2冊しか展示されなかったのが、

福井には3冊来たんです!と学芸員さん大自慢(笑)

わたしはこの冊子よりも石山切により惹かれた。

表装との調和が実に素晴らしかった。

 

【第3章:真宗と福井】

福井県には全部で1600カ寺、そのうち半数以上が真宗

寺の数は京都、滋賀に次ぐ多さだったはず

また浄土真宗10派中、4派が福井県に本山を持つ。

親鸞-真佛-専信(専海)-圓善-如道-道性・・・

専信が福井に開山。

蓮如上人も福井吉崎に居住、真宗王国を築く。

蓮如上人御文章(抑男子も女子も…)

蓮如上人直筆、びんびん伝わってきて感動

 

【第4章:県内真宗寺院の名宝】

◎南無仏太子像 本覚寺

聖徳太子2歳像、ずいぶんと凛々しいお顔

阿弥陀如来立像 福井浄光寺

今回発見された安阿弥様の極めて秀麗な像

蓮如影像(鹿子御影) 福井超勝寺(大谷派

蓮如6歳の像、女子と見まごう可愛らしさ

岩佐又兵衛は約20年福井にあり、松平家に仕える

又兵衛の作品、龐居士図と和漢故事説話図怪異出現が

参考作品として展示されていた。目福

 

 

次ぎはこれ ⇓ 砺波市美術館

f:id:muyuge119:20141026184405j:plain