読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サンオブゴッド

佛教大学ふりかえりノオト あれやこれやそれや 映画

 f:id:muyuge119:20150408013801p:plain

神の御子として生まれたイエス、

彼の生涯を描いた映画はこれまで何度も作られていますが、

最新作がこの作品です。

www.sonofgod.jp

 

今は誰に憚ることなくブッダloveのわたしですが、

かつては東京のミッション系大学に学び(笑)、

基督教概説その他いろいろ履修しました~

もう全部忘れましたが~^_^;

もちろん聖書も持っています。大学必携でした。

 

で、この映画見たかったんです。

やっと見ることができました!

いや~、予想はしてたけどなかなか重かったです・・・

ひたすら辛い。。。

簡単に感想などは書けませんな・・・

 

 

一般に世界宗教と言われるものは、

その成立の順番にいうと、

仏教、キリスト教イスラム教の3つです。

何故これらが世界宗教と呼ばれるかというと、

民族の枠を越えて広がり、

普遍的な真理を備えていると認められるからです。

 

それぞれの宗教に始まりの時があり、人がいます。

仏教はゴーダマ・シッタールダ、釈迦

キリスト教イエス・キリスト、英語読みをすればジーザス・クライスト

イスラム教ムハンマド、昔はマホメットと呼ばれていましたね。

それぞれの生涯はたいへん興味深いものです。

ドラマティックな伝説に彩られ、多くの謎に包まれています。

 

キリストは30代で磔の刑で世を去ります。

すべての人の贖罪のため、その身を犠牲にした壮絶な最期でした。

映画のシーン ⇓

f:id:muyuge119:20150408013824j:plain

 

ムハンマドは60代で病に倒れます。

戦い(ジハード・聖戦)に明け暮れた生涯でした。

(偶像を否定しているので画像はありません)

 

前回のブログに書きましたがブッダの生涯は平和です~

 

 

 

ブッダは自ら覚りを得た人ですが、

イエスとムハンマドは預言者として神から選ばれた人です。

予言者ではないですよ~

わたしは長らくこの二つを区別してませんでした(恥)

預言者、つまり神の言葉を預かった人なのです。

選ばれし人である彼らは強い使命を帯びます。

 

多神教の仏教と

一神教キリスト教イスラム教では

成立の根本が違います。

しかし求めることはひとつだとわたしは思っています。

心の平安と社会の平和、豊かな愛と他者への思いやり・・・

宗教とは、、、いろいろ怪しい部分もあり

それで敬遠されたりします。

ホント語るのはデリケートで難しい分野ですが・・・

 

宗教とは何か・・・?

以下は佛教大学のリポートの結論部分ですが、

わたしの考えはこれに尽きます。

 

最後にデュルケームによる「宗教の未来」と題する講演の一文を引用したい。「ひとことでいえば、宗教の特徴はそれが人々の意識にエネルギー促進的な作用を及ぼすことにあります。宗教を説明するということは、なによりもまずこの作用を説明することなのです。」(小関藤一郎編・訳『デュルケーム宗教社会学論集』 行路社) 100年も前の言葉であるが、そこに輝く不滅の真理が心を打つ。宗教とは、人間の生命力に対しプラスの方向に働くものであり、そこに宗教の存在理由もまたあるのだ…