読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仁王写真展

あれやこれやそれや

f:id:muyuge119:20150913020352j:plain

仁王像の魅力を発信し続けている写真家さんがいます。

彼、渡仁さんのことはネットで知りました。

   彼のHPです⇒ 着目サンスクリット

わたしに仁王像の面白さを教えてくれたのは彼の写真でした。

彼は全国を行脚、今年8月に全都道府県を制覇!

約1780組の仁王像の写真を撮られてます(^^)v

上の写真は彼の写真集(信州・北陸版)からの一枚。

じわじわきませんか~?

もうこれでみんな仁王さんの虜ですよ~!(笑)

 

 

金沢の宝円寺で彼の写真展があると知って、

仕事の合間を縫って行ってきました。

f:id:muyuge119:20150910150504j:plain

宝円寺は前田利家菩提寺で、

今まで知りませんでしたが、とても立派なお寺でした。

高岡の瑞龍寺と同じく曹洞宗のお寺です。

 

仁王写真展 ⇓

f:id:muyuge119:20150913023251j:plain

ご本人の解説で楽しく見させていただきました(*^_^*)

 

さて、

仁王というのは金剛力士とも呼ばれる護法善神

仏教の天部のひとつです。

彼らは言うなればお寺の門番ですので、

信仰の対象となる仏像とは少し意味合いが違います。

ですので、その姿も実にいろいろ!!!

運慶、快慶といった有名仏師が作ったものから

近代では高村光雲などの彫刻家が彫ったもの、

かと思えば、ちょっと腕に覚えがある大工さんが作ったり、

住職が見よう見まねで作ったものだったり、

怖くて勇壮なものからどこかユーモラスなものまで

本当にユニークなんです。

以前は仁王門は素通りでしたが、

最近は仁王さんのことを結構意識してます~

 

先日訪れた京都醍醐寺の仁王さん、阿形像です。

f:id:muyuge119:20150913015703j:plain

どうです、なかなか味のあるお顔だと思いませんか?