読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵画と戦争『FOUJITA』

映画

2015年はたくさん映画をみました。

見納めは期せずして絵画にまつわる2本になりました。

 

藤田嗣治オダギリジョーが演じる『FOUJITA』

f:id:muyuge119:20151223014758j:plain

雰囲気でてますよね~

制作予告時のこの写真だけでたまらなく観たくなった映画です。

 

f:id:muyuge119:20151223014808j:plain

 フジタと言えば日本人ながらエコール・ド・パリ派の画家として

パリで大人気を博した画家です。

フーフー(お調子者)というニックネームがお気に入りで、

頽廃的、享楽的な生活を送り、たくさんの恋に溺れ、、、

 

乳白色の陶磁器のような肌を持つ婦人の絵と猫の絵が特徴的です。

f:id:muyuge119:20151223015734j:plain

 

映画の画面も白を基調とした色彩がとても豊かです。

浮ついた華やかさが時に物悲しくもあるのですが・・・

お洒落なモンマルトルが賑やかに美しく映し出されます。

 

 

そんな彼でしたが、戦時下は日本に帰国します。

画面は一転、沈鬱なモノトーンの情景が言葉もなく流れます。

この時代、フジタは軍服に身を包み

アッツ島玉砕」のような戦意高揚のための絵を描いています。

f:id:muyuge119:20151223015755j:plain

清らかな乳白色は、泥と血にまみれた茶褐色の画面に変貌しました。

 

戦時下では音楽も美術も戦争のために利用されます。

そんな時代はまっぴらごめん!!

 

 

戦争が終わると、当然のごとくフジタには逆風が吹きます。

戦争協力したということで画壇から非難されたフジタは

日本から逃げ出すようにパリにもどり、

以来、終生日本の土を踏むことはありませんでした。

最後はスイスで亡くなっています。

 

 

彼の胸に去来する想いは何だったのか・・・

平和に感謝します。