読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高山散策

あれやこれやそれや

f:id:muyuge119:20160318140335j:plain

この素敵な建物、ご存知ですか?

 

ここは高山市図書館「煥章館」です。

明治の洋館のように見えますが、新しい建築です。

開架空間には飛騨の匠が作った個性的な椅子が置かれ、

とても落ち着く素敵な図書館でした。

館内には「近代文学館」も併設しています。

 

とやまキラリといい、この頃は素敵な図書館が目を引きます。

文化施設の充実はやはり豊かさや成熟の象徴でしょう。

有難いことだな~と思います。

 

春も近付き、昨日ほどの陽気ではありませんが、

そぞろ歩きを楽しめるほどの気候で、

久しぶりに飛騨高山を少し散歩してきました。

 

駐車場の関係で最初に目に入ったのが先の図書館です。

お次は通常なら迷わず古い町並みへ行くところですが、

今日は初めて東山遊歩道へ足を向けました。

ここには高山城下の寺院が十数ヶ寺集まっています。

宗派もいろいろ、、、今日は五ヵ寺を参拝

臨済宗宗猷寺、

曹洞宗善応寺、

f:id:muyuge119:20160319015347j:plain

f:id:muyuge119:20160318143848j:plain

この木はどうしてこんなことになったのやら・・・^_^;

  

そして法華宗法華寺、浄土宗天照寺、

真言宗素玄寺、、、

f:id:muyuge119:20160319015420j:plain

松倉山馬頭観世音菩薩さま。

 

 

で、やっぱり外せない三之町(^。^)

f:id:muyuge119:20160319015455j:plain f:id:muyuge119:20160319015506j:plain

 

 

ラストは飛騨高山「まちの博物館」です。

f:id:muyuge119:20160318165320j:plain

おそらく最近できた施設だろうと思いますが、

14の展示室が高山の歴史、祭り、文化を伝えてくれます。

高山所縁の円空仏も10数点展示されていました。

円空さんの造形力、さすがです~!!

 

f:id:muyuge119:20160319130423j:plain

こちらの展示館は、

江戸時代の豪商・矢嶋家と永田家の土蔵を活用しているとのこと

それで展示室の名前がそれぞれ矢嶋北蔵、矢嶋塩蔵、

永田米蔵、永田酒蔵・・・となっています。

なかなか充実した内容で楽しかった~(^。^)

 

 

帰ろうとして通りかかった、飛騨国分寺

f:id:muyuge119:20160318170507j:plain

江戸時代に再建された立派な三重塔

飛騨国分寺の歴史は奈良時代まで遡ります。

 

そして樹齢1200年、貫禄の大イチョウ

f:id:muyuge119:20160319015621j:plain

f:id:muyuge119:20160319015632j:plain f:id:muyuge119:20160319015556j:plain

樹間のところどころに乳のような気根を垂れていることから

俗に「乳イチョウ」と呼ばれ、

お乳の出がよくなるという御利益があるとか・・・

 

国分寺文化財

薬師如来天平時代の一木造り(重文)だそうです。

f:id:muyuge119:20160318171038j:plain

お願いすれば見せてもらえるようですが、もう帰らなければ…^_^;

 

 

たっくさん歩きましたが、

疲れなし~!(笑)

日頃のウォーキングの成果があったようです~(*^。^*)