読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜜のあわれ

映画

f:id:muyuge119:20160411001139j:plain

金沢生まれの文豪、室生犀星

彼がこんなシュールな幻想小説を書いていたなんて・・・

まったく知りませんでした。

 

f:id:muyuge119:20160411001156j:plain

赤井赤子は金魚です。

まだどこか幼さが残る彼女は、人間であるおじさまに恋をし、

そして文学する金魚です。

 

f:id:muyuge119:20160411001204j:plain

友人の芥川龍之介もクールに登場します。

 

面白かったです!

二階堂ふみがコケティッシュなこの役にぴったり!

大杉漣さんの哀愁と可笑しみをたたえた演技がなんとも言えず~

音楽や効果音も抜群で、映像もレトロ感があって素敵!

ふわ~っと幻想的な世界に連れて行ってくれました。

 

 

そもそもこの映画を知ったのは、

ぶらり散歩で見つけた金沢の室生犀星記念館でした~

f:id:muyuge119:20160206131503j:plain

映画の公開に先んじて、企画展「蜜のあれ」を開催

f:id:muyuge119:20160315133906j:plain f:id:muyuge119:20160315141737j:plain

f:id:muyuge119:20160410111812j:plain

企画展は6月末までやってますよ~

赤子の赤いドレスを展示してますよ~

 

記念館の中では犀星の娘、室生朝子さんが

父の思い出を語るビデオが流れています。これがいいのです!

 

富山県ではファボーレでしか見ることができませんが、

石川県ではこの映画の情宣に力が入っています。

ほとんどの映画館で上映されています。

ロケも金沢でたくさんあったようです。

富山新聞北國新聞)に記念館館長の寄稿が掲載されました。

f:id:muyuge119:20160411001321j:plain

 

こちらは犀星が養子にだされた雨宝院、

f:id:muyuge119:20160206132311j:plain

犀星といえば、抒情小曲集の

  ふるさとは遠きにありて思うもの

  そして悲しくうたふもの

  よしや

  うらぶれて異土の乞食になるとても

  帰るところにあるまじや

  ・・・

 

誰でも知っているこの詩のイメージが強く、

どちらかというと北陸の空のように暗い感じでしたが、

いやいや、とんでもない鬼才でありました。

「われはうたへどもやぶれかぶれ」

これなんてタイトルだけでももう秀逸です~!!!

 

 

 

最後に耽美な画像を~

「人を好きになるということは、愉しいことでございます。」

f:id:muyuge119:20160411001344j:plain

 

maegamimamiさんの公式イラストをオマケします~ 素敵でしょ~!!

f:id:muyuge119:20160411001349j:plain

f:id:muyuge119:20160411001354j:plain