読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北陸南画院春季展

高岡文化ホールで開催されている

第68回「北陸南画院春季展」を観てきました。

68回ということは、年に2回の開催として

34年間も続いているということになりますね。

すばらしい~! 無憂華の会もあやかりたいものです。

 

f:id:muyuge119:20160520104240j:plain

水野澄風『植田』

わたしの伯母の作品です。

わたしはこの伯母に筆を持つことの手ほどきを受けました。

 

もう30年以上前のことです。

一本の線を書くことすらままならなかったわたしを

伯母は懇切丁寧に指導してくれました。

書道は主にかなと隷書を、

そして水墨画も初歩の初歩を教わりました。

わたしが今写仏を描いているのは

この時の基礎があればこそです。

 

伯母の長い人生をつぶさに知るわけではありませんが、

波乱の人生であったことは間違いありません。

早くに親に死に別れ、

夫に死に別れ、

再婚して、

子供に先立たれ、

再び夫に死に別れ、

いま卒寿を過ぎて老人施設でひとり暮らす伯母です。

 

伯母は書と水墨画と俳句を生きがいにしていました。

高齢になっても創作意欲はますます盛んで

公募展だ、句会だ、と東京へもしばしば出かけていました。

指導者としては60代から本格的に取組み、

80歳の頃には弟子の数は200人を越えていたようです。

 

これは30号の大作『渓流静瀑』、

この展覧会のために90歳を過ぎて描いた新作です。

f:id:muyuge119:20160520104004j:plain

 

伯母の気力、胆力、創造意欲にはとうてい及びませんが、

彼女を思うと、

自分がまだまだひよっこであることを自覚し、

と同時にまだまだ頑張れる!と勇気をもらえます。

 

伯母さん、本当にあなたに感謝しています!